ご購読者様限定のプレゼントです


⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る
 ┗留守止め



 ┗取扱紙

 ┗会社概要
 ┗求人募集

幸運くじ
会員登録(無料)すると毎月プレゼントが当たる「くじ」引けます
幸運くじとは
全日本国民を勝手にランキング
今日のアナタは日本で何位
⇒くじを引く


⇒もっと見る
お便り紹介(10月)・逗子

西日本豪雨災害、台風21号による浸水被害、北海道地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。


朝日新聞厚生文化事業団では北海道地震で被災された方のために救援金を募っています(10/11まで) 。
日本赤十字社を通じて被災地に届けます。

ご寄付は郵便振替(00910・9・14990、加入者名・朝日新聞厚生文化事業団大阪事務所)でお願い致します。通信欄に「北海道」と明記してください。
新聞紙面への掲載で匿名扱いの希望や寄付金控除に使う書類が不要な方は、その旨もお書きください。手数料はご負担願います。物資はお受けできません。
お問合せ:東京都中央区築地5-3-2
TEL:03-5540-7446 FAX:03-5565-1643


北海道旅行中、地震とその後の大停電に遭遇。忘れられない経験になりました。
山の根3丁目/秋の気配様(50代)


比になりませんが逗子でも台風24号で短時間ですが停電、のど元過ぎれば…を思い知りました。


最近よく旅行しますが、その間新聞をとめてもらって帰ってきた日に留守中の新聞をまとめて届けてもらっています。
逗子5丁目/M様(70代)


郵便受けに新聞等がたまっていると防犯面でも好ましくありませんので、どうぞご利用下さいませ。


アメリカに住んでいる娘の所に遊びに行きました。大自然に囲まれ、とてもゆったりとしたところでした。逗子もとても住みやすいですがアメリカも良かったです。
桜山1丁目/5人のおじいちゃん様(70代)


お嬢さまも大歓迎でしたでしょうね。


先月の募集テーマより
《もし風に色があるとしたら秋の風は…》


青、空を染め、富士山をすっきりと浮びあがらせます。
逗子4丁目/オリーブ様(80代)


夏にはかすんで見えた富士山も秋の空に映えるようになりました。


どこまでも青く澄みきった空から吹いてくる秋の風はやっぱり空色ですね。体の芯までしみわたる空色の風。ここちよい。
久木8丁目/F様(80代)


イメージわきます!大きく深呼吸したくなる風ですね。


やはり茶色でしょうか。おいしい栗や松茸、きのこにどんぐり、たくさん秋には楽しみがありますね。昔は茶色は暗いイメージしかありませんでしたが子を持つ親になると茶色の持つ奥深い優しさにほっこりします。
久木9丁目/たくとまん様(30代)


おいしそうな香りと共に…!秋の季語に“色なき風”がありますが、これは深まる前の、秋の澄んだ透明感や無色透明のわびしさでしょうか…。秋って幅がありますね。


紅・黄そして黄金のミックスカラー!若い頃はあまり興味のなかった紅葉に、この頃はとても惹かれます。涸沢(からさわ)カールの紅葉、一度行ってみたいです。
新宿4丁目/N様(40代)


本格的登山をする方にとって3,000m級の山々に囲まれた特別な場所の紅葉は大人気のスポットだそうです。