ご購読者様限定のプレゼントです


⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る
 ┗留守止め


⇒もっと見る

 ┗取扱紙

 ┗会社概要
 ┗求人募集

幸運くじ
会員登録(無料)すると毎月プレゼントが当たる「くじ」引けます
幸運くじとは
全日本国民を勝手にランキング
今日のアナタは日本で何位
⇒くじを引く


⇒もっと見る
玄磨/逗子
この人 あの店 こんなグループのお店


和食のおいしい玄磨のランチは
食材・仕込み・味付け すべてに妥協なし!
玄磨




長年に渡り日本料理の道を歩んできた澁谷直仁(しぶやなおひと)さんが、もっと気軽に!という思いを込め8年前にオープンした「玄磨」でランチを始めて半年、特製とろとろ親子丼、佐島港しらす丼、特製豚の柔らか煮、あじフライ、金目鯛の煮付け、お刺身など定食が7種、すべてにサラダ、お刺身定食 小鉢、香の物、けんちん汁が付きます(1,000円〜)。


お刺身定食


 
割烹旅館、日影茶屋で腕を磨いた澁谷さん、「日本料理を身近に楽しんでほしい」という思いから自分のお店を視野に入れ、料理以外にも接客、お酒や酒肴、経営なども身につけたいと総合的な仕事ができる飲食店に従事し6年、管理職として自信をつけるのと時を同じくしてなぎさ通りに開店し8年目になります。




カウンター上に比内地鶏使用証明書を掲示



肉のうま味と脂の深い味わいにほれ込んだ“比内地鶏” は夜のメニューの主軸で産地の秋田直送です。正肉・ハツ・砂肝・せせり・ぼんぼち・皮・手羽先・特製つくね・一枚焼きetc. 焼き鳥は大好評! 金針菜・きりたんぽ串など変わり串もあります。ダシや脂も美味しい水炊き・きりたんぽ鍋は一人前から注文可能(1,280円〜 )! 具材に欠かせないセリの収穫時期に合わせてきりたんぽ鍋は10月〜3月頃までの期間限定、締めに雑炊や稲庭うどんを味わうこともできます。
 
佐島の鮮魚、三浦野菜など地のものも豊富で、コース料理や酒の肴も和食職人ならではの食材を生かした手の込んだメニューがいっぱい!


店内には酒蔵の前掛けがずらり(カウンター6席、テーブル8席)


 
日本酒にもこだわって神奈川をはじめ全国の酒蔵から、普段なかなか口にできない銘酒・地酒を30 種以上扱っています。ご自身は“お酒はあまり得意ではない”そうですが店の定休日に蔵元を訪問するなど積極的に開拓し新たなお酒は必ず味わって決めるそうです。風味が損なわれない様店内での扱いも丁寧かつ慎重です。



ランチタイムは奥さまのお母さま(↑写真右)、週末やランチの看板文字は学生のお嬢さま、などご家族みんなのサポートもあるご様子です。


 
料理人になって初めて持ったプロ用包丁が『玄磨』、今は作られていないので最近はなかなか使えないとの事ですが、「玄人に磨きをかける」で店名にしたそうです。

【店舗情報】
● 逗子市逗子1-9-39 [地図]
● TEL:046-871-5300
● ランチ11:30-14:00(13:30 L.O.)
  夜  17:30-23:00(22:30 L.O.)
http://www.zushi-genma.com/