ご購読者様限定のプレゼントです


⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る
 ┗留守止め



 ┗取扱紙

 ┗会社概要
 ┗求人募集

幸運くじ
会員登録(無料)すると毎月プレゼントが当たる「くじ」引けます
幸運くじとは
全日本国民を勝手にランキング
今日のアナタは日本で何位
⇒くじを引く


⇒もっと見る
お便り紹介(2月)・鎌倉小町

令和2年、またまたどうぞよろしくお願い申しあげます。雪の舞い散る朝や氷のはる寒い朝の配達は心より感謝し体を案じております。しかし紙面からの字と字の「間」からくる緊張感とやすらぎは時代の先駆けの宝庫です。新聞がん
ばれ!! 
材木座/マリンちゃん様(70代)


思いやりあふれるお便りを励みに一生懸命配達させて頂きます。


スタッフの皆様の集合写真を拝見し、改めて多くのお仕事たくさんのご苦労が偲ばれました。令和2 年も皆さま、お健やかに!
大町/M.H様(50代)


新年号ではいつものスタッフ紹介に代えて集合写真でお届けしました。


毎年、鎌倉宮に初詣に行っていますが今年は巫女さんの舞と雅楽の生演奏の機会に恵まれ、新年早々大変ありがたい思いをしました。
由比ガ浜/mona様(50代)


趣きあふれる新しい年の始まりでしたね。


ゴルフを始めた息子と初のラウンドに行きました。自分が父親と初めてプレーした時と同じような二人のスコアに、懐かしくも時代の流れを感じました。
長谷/Yossi様(50代)


時代の進み方は大きく変わっていますが、時の流れを経ても変わらない親と子の関係性、忘れられない思い出になりましたね。


勤め人時代、「時間が足りない」が口癖でしたが、定年後もやりたいことが多すぎて、やはり時間が欲しいとボヤいています。
材木座/fuggi224様(60代)


 「時間を持て余してしまう」ではなく何よりです。


先月の募集テーマより
《心に響いた言葉》

来ない明日はない。どんなことがあっても必ず明日は来ます。
大町/アキパパ様(50代)


“朝の来ない夜はない”“夜の明けない朝はない” という言葉もありました。いずれにしても希望は持ち続けよう!


「一日一日が心の宝物」。小学校の先生の言葉です。不思議と印象に残り、今では人生のバイブルになっています。落ち込んだとき、つらいとき、気持ちを前に向かせてくれました。何気ない言葉が、人に力を下さるありがたさを実感しています。
材木座/こまくさ様(50代)


 素敵な言葉、今を大切に生きていこうと思わせてくれます。


「親孝行しないでいい。自分の子にしてやれ」と父に言われたこと。
稲村ケ崎/A様(40代)


お父さまは大きな心で接して下さったのですね。


「明日は明日の風が吹く」クヨクヨ悩んでもしょうがない。明日になったら何か名案が浮かんだり、新しい道が見えてくる。
極楽寺/ナッツチコレート(50代)


不安に押しつぶされそうな時など自然の流れに身を任せる余裕があると違いますよね。ケ・セラ・セラもそんな感じでしょうか。他に、「いつもありがとう」イチローの「後悔などあろうはずありません」。