ご購読者様限定のプレゼントです


⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る
 ┗留守止め


⇒もっと見る

 ┗取扱紙

 ┗会社概要
 ┗求人募集

幸運くじ
会員登録(無料)すると毎月プレゼントが当たる「くじ」引けます
幸運くじとは
全日本国民を勝手にランキング
今日のアナタは日本で何位
⇒くじを引く


⇒もっと見る
お便り紹介(2月)・逗子

昨年はテレワークのため月の8割は、自宅で過ごしました。通勤がなくなり、新聞を読む余裕ができました。配達のおかげで欠かさず紙面に目を通すことができました。コロナ禍気をつけなければなりませんが、紙面を手に取って読むことの贅沢を改めて感じました。
桜山/やしてぃー様(50代)


励みになるお便りありがとうございます。新聞の果たす役割の大きさを実感させて頂きました。


コロナ禍は良くも悪くもプラスマイナス、政治、経済、社会のルールやライフスタイルを徐々に変えつつあります。いつかは収束すると思いますが生老病死、その時が見られればラッキー!
久木/I様(70代)


他に「昨年はとにかくコロナに翻弄されましたが、今年は付き合い方をうまくやっていきたい」とのお便りも。


7年ぶりに逗子葉山七福神を巡りました。今年はとても閑散としており、STAY HOMEをしていらっしゃるのだなといたわしく思いました。1日も早くマスクを着けず歩けることをお願いしました。新聞配達の方々もくれぐれもご自愛ください。
山の根/K様(50代)


お気遣いいただきありがとうございます。逗子葉山七福神巡りは徒歩や自転車で1〜 2日、程良い距離ですね。


初詣の帰りに逗子海岸に行きました。海越しに見える富士山がとても綺麗でした。逗子に来てから2回目のお正月、ここから見える景色がとっても好きです。
桜山/ラスカル様(50代)


お天気に恵まれて、初富士も雄大な姿をくっきりと現してくれました。


先月の募集テーマより
《心に響いた言葉》


元旦は毎年一家4人が集まり、おせちを囲み乾杯から始まります。今年も恒例の手作りおせち、娘と一緒に作りました。主人が『年々おせち美味しくなるね!!』と…。その言葉にグッと、涙がポロリ。大変だけど来年もがんばろう♪…
と。
小坪/A様(50代)


がんばっているからこそなのでしょうが、そんな言葉をかけてもらえるなんて素敵すぎます!


『ありがとう』です。普段から心がけて何かあれば伝えるようにしていますが、相手から何気に言われた時に気持ちがとても爽やかになります。コロナ禍で色々と難しい時代ですが、感謝の気持ちを伝えられるように気にしながら過ごしたいです。
桜山/けんこうことパパ様(50代)


その5文字に魅力的なパワーが秘められていて、言われた人がうれしいだけでなく言った人にも幸せ感が広がる言葉ですね。自己肯定感を育んでくれる言葉でもありそうです。


お便りのご応募はコチラ